トップページ > 学ぶ > yes英会話マニュアル8:レベル別の教え方。

学ぶ

yes英会話マニュアル8:レベル別の教え方。


yes英会話のレベルにより異なる指導法を明記します。


1.エントリーレベル

目標:英語で最低限のコミュニケーションができるように!

目的:海外旅行先での使用、英語での接客、出張時の最低限の会話力。

<現状のレベル>
英語でのコミュニケーンが困難な状態。
自信の欠如
効果的なトレーニング法が分からない。

<指導法>
細かいミスには拘らず、英語でやりとりするスキルを身に着ける!最低限必要な表現や決まり文句を認識する。

聴けない、言えない時の対処法を(意思の疎通表現)の徹底。
リスニング&イントネーショントレーニング。

<教材>.
オリジナル教材、「英会話必須時代のスピーキングハンドブック」
"Gear Up1"
「ジオスのリスニングの本」(オプショナル)

<お勧めコース>
プライベート+「横浜留学」

2.ハイ・エントリーレベル
目標:対話中はミスを恐れず、書面でのミスは減らしていく。
目的:英語で業務がこなせる様に。プレゼン等がこなせる。
<現状のレベル>
英語でのコミュニケーションは可能
言葉が出てこない。聴き取れないことがままある。
英語の基礎はある程度できている(TOEIC500点以上)

<指導法>
だれとでも10分間、対話できるように。直訳せずにメッセージを伝えるトレーニグを重視。

<教材>.
オリジナル教材、「英会話必須時代のスピーキングハンドブック」
"Gear Up2"

<お勧めコース>
A)プライベートレッスン+横浜留学
B)グループレッスン+横浜留学

3.インターミディエートレベル

目標:細かな間違いを減らしつつ、ロジカルに話を展開する習慣を身に着ける。相手の土俵に乗り過ぎない様にする。
目的:英語での交渉や会議で積極的に発言ができるように。

<現状のレベル>
英語でのコミュニケーションには困らない。
英語の基礎はできている(TOEIC700点以上)

<指導法>
即興で論理的に話すトレーニング("PREP法")を重ねる。自分の強みを認識する。
<教材>.
オリジナル教材、「英会話必須時代のスピーキングハンドブック」
"Gear Up2"

<お勧めコース>
バイリンガル講師&ネィティブ講師によるダブルプライベートレッスン。ご希望により、「横浜留学」

更新:2011年2月17日 11:59 AM

>次へ「yes英会話マニュアル9:yes英会話的、TOEIC論!」