トップページ > 学ぶ > 第三章 「アドバイス」 第五話

学ぶ

第三章 「アドバイス」 第五話


第62回、全国高校野球選手権 神奈川県予選の準決勝戦は、田中さんのエラーがきっかけでチームは決勝進出を逃しました。しかしその試合で、相手の大会屈指の好投手からチーム唯一のクリーンヒットを放った選手。


それは田中さんだったのです。


「まつかみ・・・」思わずつぶやく田中さん。表紙に写っていたのは今やメジャーリーガーの松上でした。日本球界のエースとして海を渡った松上は、日本人として初めてノーヒットノーランを達成するなど大活躍。40歳を超えた今でも現役を続けている大スターです。


じっと写真を見つめる田中さん。


「ヤツの140キロの直球、オレ、・・・打ったよな。」


20年の間、エラーをしたことばかりに気を取られていた田中さんでした。

そうか・・・、野球も英語も技術を取得するという意味で、共通点があるかもしれない。

部屋に戻り、「英語ノート」を手に取る田中さん。それには新たにこう、書かれていました。

140キロの直球を打ち返すこと=ネィティブスピーカーと自由に話せること。練習法・・・。


田中さん、ブレイクスルー?


byぱちお

更新:2011年3月25日 01:33 PM

>次へ「第三章 「アドバイス」 第六話」