トップページ > 今週の一言 > 「教室はまちがうところだ」

今週の一言

 「教室はまちがうところだ」蒔田晋治作 2006年2月19日 朝日新聞より

  教室は まちがうところだ
  みんな どしどし 手をあげて
  まちがった意見を 言おうじゃないか
  まちがった答えを 言おうじゃないか

  まちがうことを おそれちゃいけない
  まちがったものを ワラっちゃいけない
  まちがった意見を まちがった答えを
  ああじゃないか こうじゃないかと
  みんなで出しあい 言い合うなかで
  ほんとのものを 見つけていくのだ
  そうしてみんなで 伸びていくのだ

  いつも正しくまちがいのない
  答えをしなくちゃならんと思って
  そういうとこだと思っているから
  まちがうことが こわくてこわくて
  手もあげないで 小さくなって
  黙りこくって 時間がすぎる

  しかたがないから 先生だけが
  勝手にしゃべって 生徒はうわのそら
  それじゃあ ちっとも伸びてはいけない
  神様でさえ まちがう世のなか
  まして これから人間になろうと
  している僕らが まちがったって
  なにがおかしい あたりまえじやないか

  うつむき うつむき
  そうっとあげた手 はじめてあげた手
  先生が さした
  どきりと胸が 大きくなって
  どきっどきっと 体が燃えて
  立ったとたんに 忘れてしまった。
  なんだかぼそぼそ しゃべったけれども
  なにを言ったか ちんぷんかんぷん
  私は ことりと座ってしまった

  体が すうっと涼しくなって
  ああ言やあよかった こう言やあよかった
  あとでいいこと 浮かんでくるのに
  
  それでいいのだ いくどもいくども
  おんなじことを くりかえすうちに
  それから だんだん どきりがやんで
  言いたいことが 言えてくるのだ

  はじめから うまいこと 言えるはずないんだ
  はじめから 答えが当たるはずないんだ
  
  なんどもなんども 言ってるうちに
  まちがううちに
  言いたいことの半分くらいは
  どうやら こうやら 言えてくるのだ
  そして たまには 答えも当たる

  まちがいだらけの 僕らの教室
  おそれちゃいけない ワラッちゃいけない
  安心して 手をあげろ
  安心して まちがえや
  まちがったって ワラッたり
  ばかにしたり おこったり
  そんなものは おりゃあせん
  
  まちがったって 誰かがよ
  なおしてくれる 教えてくれる
  困ったときには先生が
  ない知恵しぼって 教えるで
  そんな教室 つくろうやあ

  おまえ へんだと 言われたって
  あんた ちがうと 言われたって
  そう思うだから しょうがない
  だれか がかりにも ワラッたら
  まちがうことが なぜわるい
  まちがってること わかればよ
  人が言おうが 言うまいが
  おらあ 自分であらためる
  わからなけりゃあ そのかわり
  誰が言おうと こづこうと
  おらあ 根性曲げねえだ
  そんな教室 つくろうやあ